英語でゴメン

新曲2曲は、珍しいことにどちらも英語タイトルです。
しかも、オオサワ楽曲はサビに英文のフレーズが繰り返され、私の曲はタイトルがそのまんま決めフレーズになっておる。
いや〜、どうしちゃったんだろう。
だって、よくよく考えてみてくださいよ。Caorioの楽曲で、英語フレーズなんてありましたか?
「メロウタンバリ〜〜ン」は、これ英語ではなくカタカナです(笑)。
「none less than world」は確かにタイトルは英語ですが、詞の中に英語はちっとも出てきません。

う〜〜ん。こうなったら、フランス語やらロシア語やら、はたまたポルトガル語とか、引き分け悔しいからクロアチア語とか(笑)、色々入れ込んでみちゃう?(ムリムリ)

ちなみに、季節ものを作ろうなんて目標があったはずなのに、どちらも季節づいておりません。クリスマスものはイヤなんだよな〜。ブランド化してて。お盆とか渋くていいよな〜って思ってたのに。
でも考えてみると、オオサワさんの生まれ月も私の生まれ月もうたになりそうな月ではある。フム。こうなったら、「3月」「5月」ってタイトルの曲を筆頭に、12ヶ月分の曲を作るか(ムリムリ)。
[PR]
by parparkaorin | 2006-06-25 11:23 | ひとりごと